古民家再生・古民家リフォーム・注文住宅、自然素材の家なら前橋市のマルヤマ工務店へ

自然素材へのこだわり

自然素材の良さ

伝統構法木造建築 マルヤマ工務店の家造り

画像の説明

新建材の使用を出来る限り制限し
国産、群馬県産の無垢の木(杉、桧、さわら、松、欅)を使い
柱、梁を化粧仕上で見せる家。

新建材を使わず無垢の木を使うことでCO2の削減に繋げ、
循環型社会の実現に貢献します。

壁、塗料も自然素材を素に作られたものを使用しています。
例えば壁には漆喰、珪藻土、和紙、蜜蝋ワックスや柿渋など。

様々なことに挑戦する家造り、こだわりの構法はお客様にも大変
喜ばれております。

新築も古民家再生も「魅せる大黒柱」

画像の説明

日本民家では古来から大黒柱を家格の象徴(シンボル)としてきました。伝統的な日本民家建築では、土間と床上との境目の中央に配置する大柱、けやき材などを使った最も太い柱で、文字通り家全体を支える要となります。

マルヤマ工務店では古民家だけでなく新築住宅においても「魅せる大黒柱」を提案します。どっしりとした安心感のみならず、現代風のデザイン性も兼ねて皆様の暮らしを彩ります。

気になる木の勉強会

こだわり

私たちは、家造りの前に施主様(お子様)と一緒にサンプルを用いて勉強会を開いております。同じ材質の木でも山の北側に生えていた場合と南側の場合では違いがあります。
適材適所という言葉があります。木材も使用する場所によって適したものを選択するのが理想です。勉強会では、実際に木に触れて、匂いを嗅いでいただき、重さや硬さの違い、無垢材と集成材、新建材、既成品の建具などとの違い、それぞれの特徴と仕上がり、持ち味の違いなど説明いたします。

漆喰が何故住まいに良いのか

画像の説明

漆喰は100%自然素材で作られているので静電気が起きにくくハウスダストを寄せ付けません。有害物質を吸着し、マイナスイオンを放出するので清潔で気持ちのよい空間をつくります。

水にはとても強くヨーロッパのお城や日本の土蔵に多く使われています。最大の特徴として強アルカリ性なので、カビやダニを駆除する力を持っています。その他に調湿、消臭効果もありますので使わない手はないですね。特にアレルギー体質の人には漆喰が大変喜ばれています。

なぜ無垢の木にこだわるのか

画像の説明

無垢の木には『フィトンチッド』と呼ばれる自然の成分があります。

また見た目にも優しく、森林浴のように癒しや安らぎを与えてくれる効果や、快適な湿度調整、肌で触れて感じる暖かさがあります。

心地よい空間には気分を落ち着かせてくれます。無垢の自然力、フィトンチッドこそ家族が心から安らげる住まいなのです。

建築模型によるプレゼンテーション

画像の説明

設計段階では、図面やCGパースなどを用いて、完成イメージをご提案させていただきます。

また、より具体的に完成のイメージを掴んでいただくように、マルヤマ工務店では建築模型による事前提案のサービスも過剰なご負担ならないような費用にてご提供しており大変好評をいただいております。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional